2017年4月9日日曜日

中国へたれる!習近平「米国のシリア攻撃熱烈支持アル」

米中首脳会談中国主席、異例の軍事力行使容認=シリア攻撃に「理解」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491679967/

≪ティラーソン米国務長官は7日、中国の習近平国家主席がトランプ大統領との首脳会談の席でシリア・アサド政権への軍事攻撃について知らされた際、「子供が殺害されている時にそうした対応は必要だ」と述べ、「理解」を示したと明らかにした。中国首脳が他国への軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ。

トランプ氏は6日夜に行われた夕食会の終盤で習氏に対し、シリアへの攻撃を実施したことを伝達。アサド政権が化学兵器で女性や子供を殺害したことへの対抗措置であるとの理由を説明し、発射した巡航ミサイルの数も伝えた。習氏はトランプ氏が情報を提供したことに感謝の意を述べたという。≫

(TдT) 巷間の意見>>
………………………………
習 近平「ご理解下さい!」
………………………………

(´・Д・`) 人質だからな。

(`∀´) 自民党工作員の書き込み>>
………………………………
もう、習近平はアメリカの足を舐めるしかなくなったんだから
北朝鮮は終了

北朝鮮、生かしてるのは中国なんだから
今度、何かしたら
中国がパイプライン止めて北朝鮮は即死

トランプの訪中決めたのが習近平の最大のミス
訪中まではトランプに一切逆らえない

トランプが訪中止めたと言えば習近平の求心力がなくなるんだから
………………………………

(´・Д・`) 北朝鮮は米国様の属国なんだが…。
資金援助しているのは日本。

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
キンペイがヘタレたのは誰の目にも明白。
アメリカ相手に対等に振る舞おうとしたのに残念でした。
中国国内でも権力闘争が激しいようだ、キンペイは
国益を損する外交をやったと突き上げをくらうだろう。
………………………………

(´・Д・`) 習近平のアキレス腱は家族親族の殆どが事実上の海外亡命という事実
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1274152932

姉夫婦はカナダ国籍、弟は豪、そして愛娘はハーバード大留学

(´・Д・`) そして習近平の全財産はケイマンのユダ金銀行。
もともと親米の人だったんです。習近平にとって中国は荒稼ぎの場所。 

\(`o'") 情弱の意見>>
………………………………
この様子だと、北朝鮮への武力行使も中国は黙認してくれそうだな。もしかすると、今回の米中会談で金正恩暗殺に関して、
アメリカは中国の同意を取り付けたかもしれない。自分達の言うことを聞かない北朝鮮を中国は疎ましく思ってるからな。
金正恩は金正男と同じ年に死ぬことになりそうだな。日本は国内にある北朝鮮関連の施設跡地に何を建てるか考えておい
た方がいいぞ。
………………………………

(´・Д・`) 愚民どもにそう思わせるようCIAがせっせと洗脳工作。

(_ _。) 半情弱巷間の意見>>
………………………………
北京政府と北朝鮮は仲が悪いです
北朝鮮が北京政府に従うとは思えない
北朝鮮には瀋陽軍区というバックがいる
瀋陽軍区は強大です北京中央と準戦争状態
北朝鮮への石油を停められない理由も瀋陽軍区の圧力にあると思う
………………………………

(´・Д・`) 中国でもユダ金が大活躍。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
な、結局蚊帳の外で
安倍チョンとか
相手にされてねーんだよw
………………………………

(´・Д・`) 背後で安倍と菅が一緒に「フレーフレーアメリカ!」と腰を振って踊るだけの仕事です。

ヽ(τωヽ)ノ 情弱の意見>>
………………………………
しかしシリア政府に手のひら返しし過ぎだろ
シリア政府に手のひら返ししてる余裕が中国やアメリカ列強にあるのか?

シリア政府と完全敵対って訳じゃなくて、折り合いを付けてシリア政府が慎重に戦うようにさせて協力するってことかな
出来んのかな
………………………………

(´・Д・`) 大事な子飼いのISをアサドとロシアが攻撃したから米国様とサウジが怒ったんです。反政府軍はNATOの子飼い。

(*・ω・)ノ 巷間の意見>>
………………………………
アメリカが北朝鮮を攻撃するかどうか、今のところ五分五分cryの確率?
………………………………

(´・Д・`)二分八分くらいですかね。属国といっても所詮捨て駒だから、儲かると判断すればいつでもイラクみたいに潰します。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます
無料お試し版もあります



コメントを投稿